キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ボールバルブ比較ガイド

ボールバルブとはいったい何?

ボールバルブ比較ガイド

ボール状の弁体が90度回転して、流体を流したり止めたりすることができる

ボールバルブとはいったい何?

バルブは弁とも言われ、流体の通路を開閉する可動機構を持っています。

バルブとパイプを接続して配管を作り、流体を流すことが可能になります。

弁がボールのように球状になっているものをボールバルブとよんでいます。

ボールバルブとは、回転して栓をするという構造になった弁です。

流体抵抗が小さいのと、ハンドルを90度回転すると開閉できて操作時間が短いというのが特徴になっています。

流量調整には向かず、弁座にダメージがあれば、漏れが発生してしまうデメリットもあります。

ボールバルブの弁体のボールは、ボールシートと呼ばれるシートリングを用いて挟み込むようになっています。

ステム部分を90度回転させると流れたり、流れを止めたりといったことができるようになっています。

開閉時間が短いのと、ボールに配管と同径のポートがあることで、流体抵抗が最小に押さえられています。

ボールバルブにはフローティングとトラニオンという二つの構造があります。

フローティングはボールを2枚のボールシートで支え、流体の圧力がボールをボールシートに押し付けて栓をします。

比較的安価で入手が可能で、部品も少なく、凡用弁として広く使用されています。

トラニオンは、ボールを上下の軸で支え、スプリングと流体の圧力がボールシートをボールに押し付ける形で栓をします。

受圧面積が小さく、高圧や口径の大きなサイズに良く使われています。

■ボールバルブの詳細はこちら

お役だち情報サイト

Yahoo! JAPAN


Copyright (C) www.planafrica.net. All Rights Reserved.

ボールバルブ比較ガイド